« 久しぶりに | トップページ | 母の日 »

2007.05.02

イマジネーションの勝利

JALのstewardessのSさんのお家にお伺いしました。渋谷区のマンション、隣りの部屋は某女優さんが住んでいるそう。オットがワイン2本、私は花束を買って行ったのだけど、久しぶりに会うKちゃんは既にエプロン姿でSさんのお手伝いをしていました。お土産だけ持ってきた私はちょっと申し訳ない気分に…。

Sさんがパリのフライトから戻ったばかりだということで、現地で買った旬のホワイトアスパラやフォアグラ、エスカルゴまでふんだんに使ってフルコースを作ってくださった。彼女は普段ファーストクラスの担当をしているので、ご馳走を頂けた私たちはJALのファーストクラス気分…(乗ったことないけど)誘ってくれたオットから「絶対今夜は来て。盛り付けとか味付け、勉強させて貰って。いいところを見習ってね」と言われていた。え~、私も料理頑張ってるじゃ~ん・・・と、ゴチりつつも。。実際はまさにその通り、刺激を受けて戻ってきました。料理ってイマジネーションを総動員して完成させるものだから、あれだけのものを作り上げられるってホント、アートの域だと感心してしまった。オットの言葉は本当でした。

美術館の中でどこが一番好きかとか、色々な画家の話で盛り上がる。私が一番好きなのはロンドンのテイト・ギャラリーのターナーなのだけど、あの空気感が凄く好き。いつまでも眺めていたかった。

それにしてもSさんに限らずクルーの人たちの好奇心に素直に行動するところ、これも私は凄く好き。年齢や環境のせいで自分を抑えることなく、面白いことはどんどん見つけて追いかけるような感じ。話を聞くと結構苦労していたりもするけど、それも栄養にして前進するのが当たり前、そんなタフなキャラの人が多い。スマートに探究心を持ち続けるって、とても素敵だと思う。

家に戻ったら、なぜか中央競馬会からチケットが送られてきていた。競馬って見に行ったことがないけれど「実際に走る馬って凄く綺麗よ」と女友達が言っていたのを思い出す。誰か誘って行こうかなぁとぼんやり。良い天気の中で観るのなら、とても気持ちが良さそうです。

電車の中吊りのコピー、「GWは仕事だ!!」に内心笑った。私もそう。でも、ロケバスの男の子が「S社は昨日、誰もいませんでしたよ」と言っていた。S社といえば、ある女性誌の編集長の女性が(メチャクチャスタイリッシュで素敵な人!)「女の子のライターが遅くまで残ってたから、肌荒れるから帰りなさいって、帰しちゃったわよ」と話していたところだ。GWの真ん中は、出社してないんだ!私なんか今日、撮影しちゃったよ。やっぱり、メリハリつけて休むときは休む!っていう仕事の仕方をしている人たちだから雑誌も売れてるんじゃないかしら。。。そう思いつつ、K社に行って送本作業。みんなビシっと出社していた。でも、今良い調子の編集部だからみんな明るい。これはこれでいいカンジ。今日はちょっと頑張ります。

*

*

|

« 久しぶりに | トップページ | 母の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりに | トップページ | 母の日 »