« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.30

*spring has come*

昨日は創刊予定の某女性誌の編集部さんへお邪魔しました。

「サロン・ド・勝負」を読んでくださった編集の方が

コミックを描きませんかとご連絡をくださり、伺ったのですが

媒体資料を拝見したら、とてもとても綺麗な女性誌で

わ・・・私の絵なんて

全然雰囲気が違うのに良いのかと思う。。

でも、お手伝いをさせて頂けたら嬉しい。

創刊号は、鈴木京香さんの表紙だそうです。

*

うって変わって、音楽インタビューの話。

「毎月、王道の人にします」とのことで編集のO氏が

アーティストの名前をいくつか挙げてくださったのですが

全員邦楽のアーティスト。

もしや洋楽、ナシですか?と訊いたら、もちろんい~よ!とのこと。

Photo_18

←来日祈願。王道だし。

カメラマンは、Tさんに決定!!(私の中で)

Tさんとは、いつも一緒にロケバスの中で

ロックの話題で爆笑しまくっていた、凄くノリと勘のイイ人。

音楽通で、もう、どこまでもマニアックなことを知っている。頼もしい。

「アーティスト、撮りたいなぁ~」と、いつも言っていた。

電話したら、Tさん喜ぶだろうな。

こういうことがあるから、好きな物事を周りに伝えまくる人に

ツキがくるんですよね。

最近のコラボで笑ったのがフラメタル。

フラメンコとメタルのコラボで、一瞬面白いなと思ったけど

この一曲のPVを見ただけで飽きてしまいました。

http://www.youtube.com/watch?v=kwUst0BZRgI

White snakeの人らしいけど、そのバンドといえば

David Coverdaleで、今までノージャンルで数え切れないほど

観たアーティストの中で彼は一番歌が上手いと思いました。

好みは別として。ライブで実力が出てしまう。

しかも、音がワレワレになりがちな

代々木オリンピックプールできっちり、

ホント「きっちり!!」歌っていた。あれは凄かった。

voiceトレーニングを積んだ人という感じ。

もぅ、声がのびるのびる。

セバスチャン・バックも相当上手いけど

今はNYでミュージカルなんかをやってるらしい。

そういえば、彼は声楽をやっていたんだった。

(特にHard rock fanというワケではありません)

それはそうと、アットランダムに入っていた洋楽インタビューが

定期的になったのはとっても嬉しい。

私にとっては、ホント、spring has comeって感じです。

ファンの方々が訊いて欲しいと思うツボを、編集さんと相談しつつ

キチンと押さえたいと思います(ポジティブな話題)

っていうのも、自分が好きなアーティストの取材記事を読むたび

「ぁ~、もっとあの部分を突っ込んでくれなくっちゃ~惜しいなァ」

とか思ったりするので…。濃い記事にしたいです。

O氏と編集部に心から感謝です。

*

*

*

| | コメント (2)

2007.01.29

ちゃんこだョ!

200701271227000

Mさんと、両国へちゃんこ鍋を食べに行きました。実は私、お相撲さんが昼寝→ちゃんこ、稽古→ちゃんこで体重と体力をアップさせる鍋、くらいにしか考えていなくて、ちゃんこの具体的な意味を知りませんでした。お鍋を作ってくれるおじさんに、「あの、ちゃんこって・・・」と言ったら、きっと何度も何度も訊かれているのだと思うけど「ちゃんこの‘ちゃん’は、子連れ狼で言うところの「ちゃん」で親、こは子供の子、元々は親方と弟子で囲む意味だったんです。何入れてもちゃんこで、具材は何でもいいんです。絆を深める鍋なんですよ」・・・とのことでした。そうか、そうだったんだ!と今さら納得。今の時代、全体的に人間関係が崩れがちですが(食育のTVを観て、朝ごはんをひとりで食べる子供も少なくないことを知りました)絆を深めるお鍋、ちゃんこを囲んで幸せにいきたいモノです。

両国を後にしたら、中目黒の姉からメール。partyしてるよ!とのこと。

遊びに行き、姉の10年来の友人の皆さんに再会。服飾、TV、編集と職種もバラバラで、そこにウチの母(!)と夫、それと皆さんのキッズまで一緒に賑わってる~(笑)!!アイランドキッチンを囲んでイロイロ作って貰いながら食べてたんですが、ソファーには爆睡してる人も、そこから復活して再び飲む人も、ホント自由に愉しんでて良い時間でした。母もコドモも一緒に愉しめるっていいなぁと思い。同じ職種でコアな話をするのも良いけれど、そういうものを全部とっぱらって飲めるって、ホントいい。情報交換の幅もぐっと広くなるし。人数も、10人以下だと更に心地いい。中目黒で、クロスオーバーちゃんこナイト(ってなんだ。人類皆兄弟的な・・・w)になりました。っていうか、食べすぎ。今週はエクササイズしないとな~。。。

「王様のブランチ」で、メディアファクトリーさんから出して頂いた私の本、「サロン・ド・勝負」が紹介されていたよと友達からメールを貰ったんですが、観れず残念でした~。

*

*

*

| | コメント (0)

2007.01.27

音楽いろいろ

コスタリカの日本大使館で仕事をしているHさんが推しているコスタリカ人アーティスト、フィデリコ・ミランダ氏を日本で紹介して欲しい・・・という話を貰ったのが3ヶ月くらい前。その後、私が仕事で関わっている音楽系SNSに紹介したのがきっかけで、日本でのプロモーション来日とグラミー受賞者とのコラボも決定・・・と、スムーズに話が進み、やった!! 凄いね~!と、喜んでおりました。

コスタリカのアーティストが日本でライブをしたことは画期的だったそうで、その後、ツアーの模様は20日のコスタリカの最大紙ラ・ナシオンで3ページにわたって特集されました!

http://www.nacion.com/viva/2007/enero/20/espectaculos965703.html

ミランダ氏は、歌詞の中で環境保護のことを謳っているという事と、コスタリカがエンドレス・サマーを撮影したビーチがあるサーフィンのメッカ・・・ということで、ソトコトやever blueの方にも営業をしたのだけど、残念なことに来日決定からライブまでの時間が短すぎてタイミングが合わなかった。ever blueは、以前ドノヴァン・フランケンレイターのインタビューページを大きく割いていたので、ビンゴだと思っていたのですが。もっと色んな媒体でメッセージを紹介できれば良かったのだけれど、次回も来日があれば!早めに伝えたいと思います。

コスタリカの浜辺には、バウラ亀という海亀が産卵に来るのだけど、海の汚染によってだんだん産卵場所が狭まってきているのが問題になっているらしい。

Photo*バックにバウラ亀がっ!!!

*

*

ミランダ氏は、すっかり親日家になり、夢のひとつが叶ったと聞きましたが、そのイベントに関われたことが本当に嬉しい。こういう喜びって、凄く意味がある気がする。
もっと、今回のような活動が出来ればいいなと心から思います。

お仕事でミランダ氏のコミックを描きました。

200702031431000

*

*

*

*

*

担当している女性誌の音楽ページのリニューアルが決定、マンスリーでアーティストにインタビューをすることになりました。日頃からもっと音楽に関わる濃度を高くしたいと思っていたのですが、その通りになりつつあるこの頃です。

200701250038000

今、MadonnaのThe Confessions TourのプロモVIDEOを観ていますが(前回来日もしたツアー、オープニングでミラーボールから登場したshow)昨年のライブが蘇る~。アガります。DVDとCDセット、3月リリースの完全版です。もはやMadonnaは、世界の天然記念物(?)同じ時代にリアルタイムで観れて良かった。オオゲサなようですが、コレ観るとホントそう思います。本人の才能はもちろん、スタッフにも恵まれている。豪華絢爛です。

*

*

*

| | コメント (0)

2007.01.17

食いしんぼ相談

8388046_152s

*

*

*

*

生牡蠣食べたい…、でも、今は食べられない。

というワケで、牡蠣ピラフを作ってみました。
で、オットと併せるワインを想像で決めました。

牡蠣ピラフは、美味しい上に一瞬でできるので
忙しい方にオススメです。

①玄米と白米を半々でとぐ。
②さくっと洗った牡蠣、ベーコン、たまねぎ、しめじ
 をオリーブオイルで炒める。
 白ワインをふりかける。軽く塩コショウ。
③コンソメキューブを入れた①に、②とバターを加える
④フツーに炊いて、完成!

牡蠣、ベーコン、しめじ…という
おだしトリオが、お米に染み込んで~ハ~モニ~…。

「ワイン開けてくれョ」
と、私が頼むと
「シャブリにするか」
というので
「バターで炊いてるから、シャブリじゃさっぱり過ぎ」
と言うと
「じゃぁ、サンセールあるよ」
「そっちもさっぱりじゃん」
「コルトンシャルルマーニュあったじゃん。あれ出して」
「あれは牡蠣ピラフには勿体無い」
「飲みたかっただけ~バター入ってるから
 カジュアルなので樽がかってるのにしてよ」
「新世界ね」
「こないだナパのシャルドネ買ってたじゃん、あれでいいよ」

…というわけで、カジュアルなワインで乾杯。
美味しいワインを開けて貰いたいときは
合うものを作ればセラーから出してくれるんですが、
牡蠣ピラフだと、それなり。
こういう相談は、割と愉しいです。
でもって、このピラフは切って炒めての作業は5分なので
カジュアルな白だけ買って手抜きしつつ、
ビデオでも観ながらたらたらしたいときにはピッタリですよ~。

※牡蠣は、アサリ大に縮みます(笑)

| | コメント (0)

2007.01.13

新年会~

水曜日、ライターのMちゃんとYちゃん、Nさんと

銀座のワインレストランで新年会。

皆酒豪&それぞれ違う女性誌等で活躍中・・・で

もう大変。メールもすぐにチャットになるのだけど

(すっごい速ウチなんじゃないだろうか)

4人集まると面白い。それぞれが取材した場所やネタや人脈、

音楽、art、レストラン、海外、マイレージ、fashionから美容まで・・・

ひとつの話題にとどまっていられず、凄い勢いで話が盛り上がる。

雑誌の企画会議に皆で出たらいいかも(?)

最初にシャンパーニュをボトル開けて、

「もう一本いい?」「もっと飲みたいよね」と、追加オーダーしながら

話止まらず。1人1本半くらい飲んでいたような・・・。

私の本が出たから・・・ということで、最後にフイウチでお花!

嬉しかったです(泣)。

*

200701111329000

*

*

*

*

*

で、盛り上がりすぎて、それぞれ終電を逃しました。

白金在住のMちゃんだけは、他の飲み会に颯爽と消えていった・・・。

私は横浜まで行ってからタクシー、

NさんとYちゃんは〆のラーメンを食べていて逃したそうです。

でも、「ま、いいでしょ」とでも言っている顔が思い浮かぶ・・・

皆で女性誌作ったら、凄く面白くなりそうだけどなぁ。

Yちゃんとは、一緒にインドに行く約束をしました。

このメンバー、「来週イタリア行ってきます」みたいに

さくっと海外に行くので、現実味があります。

その日、来れなかったライターのSさんはマイレージに詳しくて

思い立ったときに気軽に旅行に出る方で

「明日、韓国行きませんか?」と電話を貰ったことがある。

フットワークは軽くしなくちゃ、と皆のバイタリティーに

触発されるこの頃です。

*

木曜日、Fe-MAILさんに取材をして頂きました。

編集長の坂本さん、とっても素敵な方で愉しかった。

仕事をしていると、こういう機会があるのが嬉しい。

夜、担当今尾さんともつ鍋やさんで新年会。至福のとき。

もつ鍋、しばらくハマりそうです。次は「きばいやんせ」??

*

あ~、NY行きたい!!・・・と、毎日思うこの頃。

NY在住純子からのカードに貼ってあった切手。

designが可愛い。今年も去年と同じ、初夏ごろに行こうかな。

雑誌の仕事もひと段落。来週は頑張ります~。

200612301933000

*

*

*

*

*

*

*

| | コメント (0)

2007.01.09

中ぐらいが◎

家電がどんどん壊れているこの頃、年明けにプリンターまで壊れて

買わなきゃなー。と思っていたら、ハナちゃんから

「ねえ、プリンターいらない?」と電話がかかってきた。

*

お正月は庭を掃除して、去年も日記に書いた

「バリ島風の池付きガーデン」

に向けて、色々構想を膨らませていた。そうしたら、さっき

向いのお家の、小さい頃から仲良しの大倉さんという

おばさんから電話があって

「うち、今壊してるんだけど、庭の石いる?」

と、突然電話がかかってきた。

なんというグッドタイミング!

もちろん、私のブログなんか読んでくれてるはずもない。

その石たちは、結構立派なシロモノです。

工事のおじさんに、石の移動のことを訊いてみたら、

「ついでだからタダで運んでやるよ」とのお返事!

「ピアノとワケ違うからな~、重さが。

石とクレーン代で、造園やに頼んだら

50万くらいするんじゃないか?」だそう。

パワーストーンは買ったことあるけど、

大きな石は買ったことないし値段もよくわからない。

大倉さんのお庭では、小さいときに真くんという

息子とよく遊んだ。大きな石が綺麗に

レイアウトされていたことを思い出した。

あの石たちが庭に来てくれたら、

結構風情のある空間を期待できそうだ。

大倉家がなくなっても、あの石たちはうちの庭で生き続けます。

・・・と、年明けの偶然ラッキーでした。

これくらいの「サイズ:中」なラッキーは、私の周りに頻繁に起こる。

初詣のおみくじも「中吉」だったけど、大吉じゃないラッキーが

私の身の丈に合っている感じ。

今年も、家族とお世話になっている方と、

大切な友達にたくさん福が訪れますように。

*

*

*

| | コメント (0)

2007.01.07

爽!

辻堂のプロサーファー、鎌田さんからhappy new year電話を頂いた。

ガーデナーでプロサーファーの原田さんもそうだけど

ちょっと話すだけで目の前が晴れる感じ。

自然と常に向き合っている人たちは、

いつもデトックスしているからでしょうか。

話に一点の曇りもない、いつも正々堂々としている。

あと、やたらに勘がいい。空気がよめる。カッコイイんです。

これって、シンプルそうでなかなか難しい姿勢ではないでしょうか。

今日は海はクローズ、明日は最高なんだそうです。

今年は又、波乗りしようかな。なんて思ったりしますが

女性共通の関心事、日焼け問題(顔)は、やっぱり無視できず。

サンスクリーンって、すぐとれちゃうんですよね。

(プロでお友達の橘田妙子ちゃんにプロテクションの

コツを教えてもらったけど)

何本も美容液を使ってケアしていた努力が1時間で水の泡。

やっぱり、飲み要員か・・・。と思いつつ

でもやっぱり、ムショウに行きたいときがあります。

デストロイヤーみたいなマスクが流行ってくれればいいのに(?)

(冬にはもじもじクンみたいなのを防寒用で着る人もいますが

顔は常に無防備~)

ショートボードの先端が迫ってくるたびに

剣道の防具みたいなのをつけられたらいいのにと思う(笑

ラッシュガードなんか、裸と一緒。

今、大怪我したら大変だし。

波の譲り合いをしない人たちとぶつかりそうになったことは

今思えばホントに恐怖の瞬間です。

キャメロン・ディアスはサーフィンで鼻の骨を4回折ってるらしい。

それでも挑み続けるって、凄いなぁ~。

鎌田さんが千葉の空いてるポイントに行くときに

お供させてもらうことにします。

*

*

*

| | コメント (0)

2007.01.06

またあけちゃいました

あけましておめでとうございます。

いつもお世話になっている皆様、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

精進できるようにがんばります。

*

ところで。。

コミックエッセイ「サロン・ド・勝負」を

Girl's Gateさんでご紹介頂きました。

http://ameblo.jp/girlsgate-staff/entry-10021940392.html

公私ともどもずっとお世話になっている

毎日コミュニケーションズの鳴海さんのブログでもご紹介頂きました

http://d.wyco.jp/55/2006/12/01/4.html

鳴海さんがこのブログの中でご紹介している

5本指のシルク靴下、足の裏が赤ちゃんみたいに

スベスベになるというミラクルアイテム(驚)。

ちなみに

シルク・コットン・シルク・コットンと、重ね履きをすると

その効果がアップします。

冷え性の人には、まさにうってつけ。

とってもお役立ちなのに、お値段もかなりリーズナブルです。

*

*

*

*

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »